メインイメージ

飲食業の規模によって全然変わってきますが、全国展開てチェーンで経営をしている企業への転職の場合、まずは店舗で働くことが多いです。 地元の店舗でずっと働くというのは難しく、頻繁に店舗間を移動することになります。 この業界で転勤が嫌というなら、個人経営など、他に店舗のない所の求人を探すべきでしょう。 長く勤めて慣れてきた店舗から異動の連絡がくるのは意外と急です。 酷い時には、来週から引っ越しを伴う店舗移動の知らせが来ることもあります。 この業界で働くなら、頻繁な引越しがあるということも覚悟しておいた方がいいでしょう。 ただし、複数の店舗でのマネジメントは、スキルアップする上で欠かせないことであることも事実です。 自分のスキルを高めるために、様々な経験を積むという意味では、店舗の移動は必要なことでもあります。 また、残業も多い職種です。 例えば、店舗運営では人件費の削減の為、アルバイトの雇用が多いです。 アルバイトがシフトに時間通りに来なければ、その穴埋めを考えなくてはいけません。 他のアルバイトに残業や早出をお願いできたり、休みのアルバイトに急きょ出勤してもらったりする必要があります。 しかし、それができない場合には、自分が働くことで、その穴埋めをするしかない場合もあります。 本来他にこなさなければならない仕事があるのに、シフトの穴埋めをすることになると、どこかで自分の仕事をする時間を作らなくてはいけません。 この時間を作るのは自己責任であるのが実情です。 要するに、できない分の仕事はサービス残業をしてでもこなさなければなりません。 残業については、ここまで残業しなさいという時間の規定はあるというより、ノルマをこなすまで帰れないと言った方が現場の感覚に近いです。
飲食業界は転勤が多かったり、勤務時間が不規則だったりすることが多いです。飲食業界の求人を探している方は、この点を理解しておきましょう。

Copyright(C)2013 飲食業への転職前に知っておきたい事 All Rights Reserved.